読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osho tarot

osho transformation tarot

Ordinariness

Ordinariness


f:id:premmashal:20160702070014j:plain


Ordinariness / 普通であること

The Master the Gardener And the Guest

導師(マスター)と庭師とお客




commentary(解説)…

唯一の奇蹟、不可能な奇蹟は、
ただ普通であることです。

誰かになろうと渇望しないことが奇蹟です。
(マインド(思考)の望みは並外れたものになること。
エゴ(欲)は認められることを渇望する。 )

自然が自らのコースを取るに任せましょう。
それを許すことです。




osho…

ある日、禅の導師(マスター)盤珪(ばんけい)が、彼の弟子たちに静かに教えを説いていると、別の宗派から来た僧に話を遮られた。 

その宗派は奇蹟の力を信じていた、
そして、
聖なる言葉(マントラ)を繰り返すことで救いがあると思っていた。

盤珪は話をやめて、その僧に何を言いたいのか尋ねた。

その僧は、自分の宗教の創始者は筆を手に河岸に立ち、対岸にいる助手が手にしている紙きれに聖者の名前を書くことができると自慢 した。そして彼は尋ねた、

「あなたはどのような奇蹟を行うことができるのか?」

盤珪は答えた。

「1つだけだ。
腹が減ったら食べ、喉が渇いたら飲む」



唯一の奇蹟、不可能な奇蹟は、
ただ普通であることだ。

マインド(思考)の望みは並外れたものになることだ。

エゴ(欲)は認められることを渇望する。 


ある人は富を通して夢に到達した、
ある人は力や政治を通して夢に到達した、
ある人は奇蹟や詐欺を通して夢に到達できた、
しかし、
夢は同じままだ…
人は誰でもない人であることを我慢できない。


これが奇蹟だ…

あなたが自分の誰でもなさを受け容れたとき、
あなたが他の誰とも同じように普通でいられるとき、
あなたがどんな証明も求めていないとき、
あなたがあたかも自分は存在していないかのように存在しうるときだ。

不在であることが奇蹟だ。


この物語は美しい、禅の逸話の最も美しい一つだ、盤珪は1人のすばらしい導師(マスター)だ。しかし、盤珪は普通の人だった。


禅の導師(マスター)盤珪が自分の庭で庭仕事をしていたときのことだ。

1人の求道者がやってきた、その者は導師(マスター)を探していたので、盤珪にたずねた。

庭師、導師(マスター)はどこにいる?」

盤珪は笑って言った。

「待ちなされ。あの扉から中に入ると、導師(マスター)を見つけることができる。」

そこで男は中に入っていった。彼は盤珪が中で肘かけ椅子に坐っているのを見た、外で庭師だったその同じ男だ。 求道者は言った、

「からかっているのか?その椅子から下りろ!これは冒涜だ、神聖を汚すことだぞ!お前は導師(マスター)に敬意を払っていないのか!」

盤珪は椅子から下り、床に坐って言った、

「さて、これは難しい。
さあ、あなたはここに導師(マスター)を探せない、なぜなら、私が導師(マスター)だからだ。」

偉大な導師(マスター)が、
庭で働くことや、それほどにも普通でありうるということが、
その男には難しすぎて分からなかった。

彼は立ち去った…。

彼は盤珪が導師(マスター)であることを信じることができなかった…そして逃がした。 



私たちはみな並外れたことを探す。

しかし、なぜあなたは並外れたことを探すのだろうか?

なぜならば、あなたも並外れた者であることを望むからだ。

普通の導師(マスター)と一緒にいて、どうやってあなたは並外れた、格別になれるだろうか?



覚えておきなさい。

奇蹟はスピリチュアルではない。

力(パワー)はけっしてスピリチュアルではない。 


無力やなんでもないことはスピリチュアルだ。

力(パワー)はけっしてスピリチュアルではない。


これが、魔法と宗教の違いだ。

魔法は力(パワー)につづく。
宗教は無(なにもないこと)につづく。


マントラは魔法の1部だ、宗教ではない。

しかし、全てが混じり合って大きく散乱している。

奇蹟を行う人々は魔法を使うマジシャンであり、どのような意味においてもスピリチュアルではない。

彼らは反スピリチュアルだ、
なぜならば、
宗教の名のもとに魔術を広めているだけだ。

それは非常に危険だ。


盤珪は言った、

「ここに1つだけ奇蹟を知っている、
腹が減ったら食べ、喉が渇いたら飲む、
眠くなったら眠る。」


あなたのマインド(思考)は言う。

「このどこが奇蹟なのか?

腹が減ったら食べて、眠くなったら眠るとは。

誇るべきものが何もない。」


だが、盤珪は本当のことを言った。

「腹が減ったら食べる。」


それが奇蹟と彼が呼ぶほどの難しいことなのか?


私はそれはあなたがたにとっては難しいことだと言おう、マインド(思考)にとっては1番難しいことだと。

あなたが空腹を感じると、マインド(思考)は言う、

「いや、私は断食をしているのだ。」

空腹を感じていないとき、 マインドは言う、

「食べなさい、いつもこの時間に食べているから。」

腹が満たされているとき、 マインドは言う、

「食べ続けなさい、この食べ物はとてもおいしい。」

あなたのマインド(思考)が妨害をする。 


盤珪はなんと言ったかな?
彼は言っている、

「私のマインド(思考)の妨害は止まったのだ。
腹が減ったら食べ、腹が減っていなかったら食べない。
食べることは自然に起こることとなった、
マインド(思考)は妨害を続けなくなった。
眠くなったら眠る。」

「私は自然とともに流れる。
私の存在がなにを感じようとも、私はそれをする。
それを操っている断片的なマインド(思考)はない。
操ることは問題だ。」


訪れた求道者は盤珪の言っていることを理解できなかった。


盤珪は言っている、

「一つだけの奇蹟を知っている。
 自然が自らのコースをとるに任せること、
妨害せず、それを許すことだ。」


もしあなたが妨害をしなかったら、
あなたは消え去る。

戦うということはあなたがここにいるということだ。
(「私」というエゴ(欲)がまだあるということだ。)


私も1つだけ奇蹟を知っている。
自然が自らのコースをとるに任せること、
それを許すことだ。
なにが起ころうとも、それを妨害しないことだ、すると突然あなたは消え去る。


抵抗、戦い、攻撃、暴力なしではあなたはそこにいることができない、
エゴ(欲)は抵抗を通して存在する。


これは深く理解しなくてはならない…
戦えば戦うほど、あなたはもっとそこにいる。 


盤珪は言っている、

「私は戦わない、全く戦わない。
腹が減ったら食べ、眠くなったら眠り、生きていれば生き、死ぬときは死ぬ。」

「これが私の知るただ一つの奇蹟だ。」


しかし、なぜこれを奇蹟と呼ぶのか?

動物や木や鳥など全ての存在はすでにしているのに。

なぜ奇蹟と呼ぶのか?

人間はそれをすることができないからだ。

全ての存在は奇蹟だ、人間以外は。


盤珪は正しい。
それは人間には難しいことだ、なぜなら、
人間はマインド(思考)にとっても中毒になっていて、操られている。


そして私があなたに自然になりなさいというとすると、あなたは自然であろうとして頑張ろうとする、するとあなたは逃す。


だから、これは理解しなくてはならない、
努力は必要ない。

どんな努力もあなたの1部であり、
あなたは奇蹟を逃してしまう。


じゃあ、どうすればいいのか?

なにもしないことだ。

ただシンプルに感じることだ。

自然とともにあることを許す。


腹が減ったら食べ、
眠くなったら眠る。

腹が減らなければ食べない、
しかし、それは断食ではない。

断食はマインド(思考)から起こるものだ。


盤珪は言った、

「ここに1つだけ奇蹟を知っている、
腹が減ったら食べ、喉が渇いたら飲む、
眠くなったら眠る。」


だから、あなたのマインド(思考)をクリアにするために選択しなさい、
あなたの探している奇蹟は、
どんなタイプの奇蹟なのかを理解するために。


私はあなたを最も普通にできる、
あなたをシンプルな人間にできる、
あなたを木や鳥のようにできる。

この周りには魔法はないよ、
宗教しかない、

だが、もしあなたが見ることができるならば、
これこそがすばらしい奇蹟だ。

 

Ordinariness



commentary…

The only miracle, the impossible miracle, is to be just ordinary.

It is a miracle not to long to become somebody.
(The longing of the mind is to be extraordinary. 
The ego thirsts and hungers for the recognition that you are somebody. )

Let nature have its course, to allow it. 



osho…

Bankei was preaching quietly to his followers one day when his talking was interrupted by a priest from another sect.

The sect believed in the power of miracles, and thought that salvation came from repeating holy words.

Bankei stopped talking, and asked the priest what he wanted to say.

The priest boasted that the founder of his religion could stand on one bank of the river with a brush in his hand and write a holy name on a piece of paper held by an assistant on the opposite bank of the river.  The priest asked, 

"What miracles can you do?"

Bankei replied,

"Only one.  
When I am hungry I eat, 
and when I am thirsty I drink."



The only miracle, the impossible miracle, is to be just ordinary.

The longing of the mind is to be extraordinary. 

The ego thirsts and hungers for the recognition that you are somebody. 

Somebody achieves that dream through wealth, 
somebody else achieves that dream through power, politics, 
somebody else can achieve that dream through miracles, jugglery, 
but the dream remains the same: I cannot tolerate being nobody.


And this is a miracle -- 
when you accept your nobodiness, 
when you are just as ordinary as anybody else, 
when you don't ask for any recognition, 
when you can exist as if you are not existing. 

To be absent is the miracle.


This story is beautiful, one of the most beautiful Zen anecdotes, and Bankei is one of the superb masters. But Bankei was an ordinary man.


Once it happened that Bankei was working in his garden. 

Somebody came, a seeker, a man in search of a master, and he asked Bankei, 

"Gardener, where is the master?"

Bankei laughed and said,

"Wait. Come from that door, inside you will find the master." 

So the man went round and came inside. He saw Bankei sitting on a throne, the same man who was the gardener outside. The seeker said, 

"Are you kidding? Get down from this throne. This is sacrilegious, you don't pay any respect to the master."

Bankei got down, sat on the ground, and said, 

"Now then, it is difficult. 
Now you will not find the master here because I am the master."

It was difficult for that man to see that a great master could work in the garden, could be just ordinary. 

He left. 

He couldn't believe that this man was the master; he missed.



We are all in search of the extraordinary. 

But why are you in search of the extraordinary? 

It is because you also long to be extraordinary. 

With an ordinary master, how can you become extraordinary, exceptional?


Remember, 
those miracles are not spiritual.


Power is never spiritual. 


Powerlessness, helplessness, to be nothing, is spiritual;.power is never spiritual. 


This is the difference between magic and religion; 

magic is after power, 
religion is after nothingness.


A mantra is a part of magic not of religion at all, but everything is a big mess, mixed up. 


People who are doing miracles are magicians, not spiritual in any way. 

They are even anti-spiritual because they are spreading magic in the name of religion, 

which is very dangerous.



Bankei said, 

"We know only one miracle here, and that is when I feel hungry I eat, and when I feel sleepy I sleep. Only this much." 

Not much of a miracle. Your mind will say, 

"What type of a miracle is this? It is nothing to be proud of." 

But I say to you Bankei has said the real thing. 

"When I am hungry I eat." 

Is it so difficult that he calls it a miracle? 

I say it is difficult for you; for the mind it is the most difficult thing -- not to interfere. 

When you feel hungry the mind says, 

"No, this is a religious day and I am on a fast." 

When you don't feel hungry the mind says, 

"Eat, because this is the time every day that you eat." 

And when the stomach is overfilled the mind says, 

"Go on eating, the food is delicious." 

Your mind interferes.


What is Bankei saying? 
He is saying, 

"My mind has stopped interfering. 
When I feel hungry I eat, when I don't feel hungry I don't eat. 
Eating has become a spontaneous thing; the mind is not a continuous interference.
When I feel sleepy I go to sleep." 

Bankei is saying, 

"I flow with nature; whatsoever my whole being feels, I do it. 
There is no fragmentary mind manipulating it, manipulation is the problem."


These monks and saints will not be able to understand what Bankei means.

He says, 

"We know only one miracle -- to allow nature to have its own course.
We don't interfere." 

If you don't interfere, you will disappear. 

Fighting is the way to be there.


I also know only one miracle, to let nature have its course, to allow it. Whatsoever is happening, don't interfere, don't come in the way, and suddenly you will disappear. 

You cannot be there without resistance, fight, aggression, violence; the ego exists through resistance. 

This has to be understood very deeply -- the more you fight, the more you will be there.


Bankei is saying, 

"I am not a fighter; I don't fight at all. 
When I feel hungry I eat, when I feel sleepy I go to sleep; when I am alive I am alive, and when I die I will die. I don't come in the way." 

And he says,

"This is the only miracle we know."

But why call it a miracle? 

Animals are doing it already, 
trees are doing it already, 
birds are doing it already; 
the whole existence is doing it already. 

Why call it a miracle? 

Man cannot do it.

The whole existence is a miracle except man. 


Bankei was right, it is difficult for us because we have become so much addicted to the mind and it's manipulation.

And even if I say to you, be natural, you will try to be natural and then you will miss.  

So this had to be understood: 
no effort is needed.

Any effort on your part and you will miss the miracle.

Then what is to be done?

Nothing is to be done, just a simple feeling -- allow nature.

When you feel hungry, eat,
when you feel sleepy, go to sleep.

When you don't feel hungry, don't eat.

It is not a fast,

remember,

because a fast is from the mind.


Bankei said, 

"We know only one miracle here, and that is when I feel hungry I eat, and when I feel sleepy I sleep." 


So decide clearly in your mind, come to an understanding of what type of miracle you are searching for.


I can make you most ordinary, 
I can make you simple human beings, 
I can make you like trees and birds. 

There is no magic around here, 
only religion, 

but if you can see, 
this is the greatest miracle.




from osho talks
oshoの講話より

from osho transformation tarot
osho transformation タロットより

A Bird on the Wing

Talks on Zen.

Talks given from 10/06/74 am to 20/06/74 am, English Discourse series, 9 Chapters, Year published : June 1976

CHAPTER6. THE MIRACLE OF ORDINARINESS

15 June 1974 am in Buddha Hall

英語のダウンロードpdfはこちら。





sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love




beloved osho
prem mashal

f:id:premmashal:20160702070150j:plain
広告を非表示にする