osho tarot

osho transformation tarot

Dropping Knowledge

Dropping Knowledge

f:id:premmashal:20161101082523j:plain

Dropping Knowledge / 知識を落とす

Naropa's haunting vision

ナロパの忘れられないヴィジョン




commentary(解説)…

あなたは偽りを落として、
借りものの知識を落として、
自分の知恵のなかに、
自分の理解のなかに
入ってゆく用意ができています。




osho…

私がずっと愛するある逸話をあなた方に話すとしよう。

それはティロパの弟子である、
シッダ・ナロパについてだ。

それはナロパが彼の導師masterティロパと出会う前の出来事だ。

それはナロパ自身が光明enlightenmentを得る前の出来事だ。

そしてそれは全ての探求者に必要なものであり、
全ての人々に起こることだ。

だから、それがナロパに起こったか起こってないかがポイントではない…

それは旅では必要なことだ。

その出来事がない限り、
光明enlightenmentは可能ではない。

そう…私は歴史的に見てそれが起こるか起こらないかは知らない。

心理的には私は確かだ、まったく確かだ、
それは起こる、
なぜならば、
それを除いては誰もさらに超越して行くことができないからだ。


ナロパは偉大な学者、偉大な神学者だった。

この物語は彼が一流の大学の副学長で、
彼自身の弟子が一万人いたと言われている。

ある日、彼は自分の弟子たちに囲まれて坐っていた。彼の周りじゅうに、非常に古い、めったに見られない何千もの教典がばらまかれていた。 

突然彼は眠りに落ちた、きっと疲れていたのだろう、彼はヴィジョンを見た。私はそれをヴィジョンと呼ぶ、夢ではない、なぜならば、それは普通の夢ではないからだ。それはとても意味が深いので、夢と呼ぶにはふさわしくなかった…それはヴィジョンだった。


彼はとてもとても年を取った、醜い、恐ろしい女性、醜い老婆を見た。彼女の醜さがあまりにもすさまじかったので、彼は自分の夢の中で震え始めた…。それは吐き気を催させ彼は逃げたかった…
しかし、どこへ逃げる、どこに行けばいい?
彼はその醜い老婆に催眠術をかけられるように捕まってしまった。彼女の体は吐き気を催すが、彼女の瞳は磁石のようだった。

彼女はたずねた。

「ナロパ、お前はなにをやっている?」

彼は言った。

「学んでいるのだ。」

「なにを学んでいる?」

その年老いた女性はたずねた。

彼は言った。

「哲学、宗教、認識論、言語学、論理学…」

その年老いた女性はまたたずねた。

「それらを理解しているのか?」

ナロパは言った。

「…そうだ、理解している。」 

その女性はもう一度たずねた。

「お前は言葉を理解したのか、
それとも感覚を理解したのか?」 

これははじめて尋ねられたものだった。

ナロパの人生の中では幾千もの質問が尋ねられた。彼は偉大な教師だ…幾千もの生徒たちがいつも尋ねていた、何でも尋ねたがった…しかし、誰もこれを尋ねなかった、

言葉を理解しているのか、
感覚を理解しているのか。


彼女の眼は非常に深く見入る力をもっていたので、嘘をつくのは不可能だった…彼女は見つけるだろう。

彼女の目を前にして、ナロパは自分が完全に 裸なのを、見透かされているのを感じた。

それらの目はとても深い彼の本質まで届いた。

それは嘘をつくのは不可能だった。

彼は誰へともなく言った。

「もちろん、感覚を理解しています。」

しかし、この女性に対してだ。
この恐ろしい見た目の女、
彼は嘘をつくことができなかった、
彼は真実を言わなくてはならなかった。

「はい、言葉を理解しています。」

その女性はとても幸せだった。
彼女は踊り始め、笑い始めた。

その女性がとても幸せになったのを考えてみてごらん…

そして、彼女の幸せが彼女の醜さを変容した、
彼女はとても醜くなくなった、
微妙な美しさが彼女の存在から出て来はじめていた。

ナロパは考えた、

「私は彼女をとても幸せにした。
もう少し彼女を幸せにしてあげてもよいのではないか?」

彼は言った、

「それから、私は感覚も理解しています。」 

その女性は笑うのをやめた。
踊るのをやめた。
彼女はすすり泣き、泣き叫び始めた、
すると彼女の全ての醜さが戻った…何千倍にもなって。

ナロパは言った、

「なぜなのです?なぜあなたは泣き叫び、泣いているのですか?
そして、なぜあなたは笑い踊っていたのです?」

その女性は言った、

「踊ったり笑ったり幸せだったのは、
お前のような偉大な学者が嘘をつかなかったからだ。

だが今、泣いて泣き叫んでいるのは、
お前が私に嘘をついたからだ。

私は知っている…
そして、あなたは知っている…

あなたは感覚を理解していないことを。」


ヴィジョンは消えた、
そしてナロパは変容された。

彼は大学を去った。
生涯二度と再び彼は教典に触れなかった。

ナロパは完全に無知になった、

彼は理解した…
言葉だけを理解することは
人を愚かにすることを、
そして、
言葉だけを理解することは
醜い年老いた老婆になることを。

知識は醜い。

そして、もしあなたが学者に近づいたなら彼らが悪臭であることを見つけるだろう…知識の悪臭…死の悪臭。


知恵の人、理解の人には新鮮さがある。

生の香りがある…

学者、知識の人とはまったく違った香りだ。


感覚を理解する人は美しくなる。 

言葉だけを理解する人は醜くなる。


そしてその女性は外側の誰でもなかった、
その女性はナロパの内側にあるものが映し出されただけだった。

それはナロパ自身の存在だった、
知識を通して醜くなった存在だった。

これだけで、たくさん理解した、

「私は感覚を理解していない。」

そして、醜さはすぐに美しい現象へと変容していく。

ナロパは探究に入った、
なぜならば、
今や経典は役に立たない。

今や生きた導師marterが必要となった。

その後長い旅をしてナロパは導師ティロパと出くわした。



Dropping Knowledge



commentary…

Drop your lie,
Drop borrowed knowledge,
you are able to ready to go into
your wisdom and understanding.



osho…

I will tell you one anecdote I have always loved. 

It is about Siddha Naropa, the disciple of Tilopa. 

It happened before Naropa found his Master, Tilopa. 
It happened before he himself became enlightened. 

And it is a must for every seeker; it has to happen to everybody. 

So whether it happened to Naropa or not is not the point -- it is a must on the journey. Unless it happens, enlightenment is not possible. So I don't know historically whether it happened or not. Psychologically I am certain, absolutely certain, it happened because nobody can move without it further into the beyond.

Naropa was a great scholar, a great pundit. 

There are stories that he was a great vice-chancellor of a great university -- ten thousand disciples of his own. 

One day he was sitting surrounded by his disciples. All around him were scattered thousands of scriptures -- ancient, very ancient, rare. 

Suddenly he fell asleep, must have been tired, and he was a vision. I call it a vision, not a dream, because it is no ordinary dream. It is so significant, to call it a dream won't be just; it was a vision.

He saw a very, very old, ugly, horrible woman -- a hag. Her ugliness was so much that he started trembling in his sleep. It was so nauseating he wanted to escape -- but where to escape, where so go? He was caught, as if hypnotized by the old hag. Her body was nauseating, but her eyes were like magnets.

She asked, 

"Naropa, what are you doing?"

And he said, 

"I am studying."

"What are you studying?" 

asked the old woman.

He said, 

"Philosophy, religion, epistemology, language, grammar, logic." 

The old woman asked again, 

"Do you understand them?"

Naropa said, 

"Of... Yes, I understand them."

The woman asked again, 

"Do you understand the word, or the sense?"

This was asked for the first time. 
Thousands of questions had been asked to Naropa in his life. He was a great teacher -- thousands of students always asking, inquiring -- but nobody had asked this: whether you understand the word, or the sense. 

And the woman's eyes were so penetrating that it was impossible to lie -- she will find out. Before her eyes Naropa felt completely naked, nude, transparent. Those eyes were going to the very depth of his being. and it was impossible to lie. To anybody else he would have said. 

"Of course, I understand the sense," 

but to this woman. this horrible-looking woman, he couldn't speak the lie; he had to say the truth.
He said, 

"Yes, I understand the words."

The woman was very happy. She started dancing and laughing.

Thinking that the woman has become so happy.... And because of her happiness her ugliness was transformed; she was no longer so ugly; a subtle beauty started coming out of her being. Thinking 

"I have made her so happy. Why not make her a little more happy?" 

he said, 

"And yes, I understand the sense also."

The woman stopped laughing. 
She stopped dancing. 
She started crying and weeping, and all her ugliness was back -- a thousandfold more.
Naropa said, 

"Why? Why are you weeping and crying? And why were you laughing and dancing before?"

The woman said, 

"I was dancing and laughing and was happy because a great scholar like you didn't lie. But now I am crying and weeping because you have lied to me. I know -- and you know -- that you don't understand the sense."

The vision disappeared and Naropa was transformed. 

He escaped from the university. 
He never again touched a scripture in his life. 

He became completely ignorant: he understood that just by understanding the word, whom are you befooling; and just by understanding the word you have become an ugly old hag.

Knowledge is ugly. 

And if you go near scholars you will find them stinking -- of knowledge -- dead.

A man of wisdom, a man of understanding, has a freshness about him, a fragrant life -- totally different from a pundit from a man of knowledge. 

One who understands the sense becomes beautiful; 
one who only understands the word becomes ugly. 


And the woman was nobody outside: 
it was just a projection of the inner part. 

It was Naropa's own being, through knowledge became ugly. 

Just this much understanding that 

"I don't understand the sense," 

and the ugliness was going to be transformed immediately into a beautiful phenomenon.

Naropa went in search, 
because now scriptures won't help. 

Now a living Master is needed. 

Then after long journeys he came across Tilopa. 




from osho talks
oshoの講話より

from osho transformation tarot
osho transformation タロットより

Yoga: The Alpha and the Omega, Vol 5

Discourses on the Yoga Sutras of Patanjali

Talks given from 01/07/75 am to 10/07/75 am

English Discourse series  10 Chapters

CHAPTER3
Chapter title: Awareness, not knowledge 

3 July 1975 am in Buddha Hall

英語のダウンロードpdfはこちら。




sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love




beloved osho
prem mashal

f:id:premmashal:20161101082945j:plain
広告を非表示にする